since aug,27th '06





フレッタ 愛の劇場  アンタ本当は愛してほしいんだよね?  |  不思儀な国のまぶる PSO2編
0 comments
0 trackbacks



注)

これは2ヶ月くらい前に書いたボツ記事ですw



fretta1_20090716115428.jpg

「アンタ約束の時間だって言うのにどこいってたのよ?」
「あちこち探し回ったのに! アンタあたしは忙しいのよ! いい加減にしなさいよね!」

半ば怒気混じりに小さな少女を叱責する金髪のヤンキー風の女。

何か大切な約束でもしていたのだろうか?ヤンキー女はその右手に持った光る棍棒のようなもので今にも殴りかからんほどの勢いだ。


fretta5.jpg
その小さな少女。 名前はフレッタというらしい・・・・

背丈は小さくともその憂いに満ちた表情、その表情からは何を考えてるか全く予想だにできない。

いや、むしろ叱責されていることに対しいささか理不尽な感情を抱いているのだろうか?
ただ何も言わずそのヤンキー娘をじっと見据えているだけだ。


fretta4.jpg
「アンタ何か文句でもあるの?」
「なによ? そのふてくされたような顔は!」

「アンタが約束通り時間に来なかったおかげであたしは服を修理できずにデートの時間に間に合わなくなったんじゃないの! このクソ女!」


どうやらこのフレッタという少女、フリーの裁縫職人のようで彼女にしか修理できない衣装を修理するため放浪しているらしいのだ。口コミでこの少女の事を聞きつけたヤンキー娘は彼女の出現時間にあわせ辺鄙な古戦場でずっと待っていたようなのだ。


fretta2.jpg
どれだけ語気を荒くしても一向に無表情のまま反省の色を見せないフレッタ。

(一体全体この子の精神構造はどうなっているん?)

ヤンキー娘の苛立ちは増すばかりだ。


同時にその少女の顔をまじまじと見てみる。

つりあがった眉毛とは裏腹に情の深そうな赤いたれ目が相まって何とも言えない独特、
いや個性的な顔立ちである。


(この子もいろいろあったのかな?)

ヤンキー娘は自分がぐれてしまった原因を思わず振り返ってみた


本当はこんなはずじゃなかった・・・・

本当の自分は・・・ 普通に笑い、悲しみ、そして感動したことを素直に表現できたはずなのに・・・
いつからか物事すべてに敵意をむき出し、否定し、そして蔑(さげす)むようになっていた。

きっと親からも普通に愛され、友達にも恵まれていたはず・・・
だけどなぜか居心地が悪かった。

なんか全部が嘘っぱちでしらじらしく思えて仕方なかった。

そして、きっと、
自分の収まるべき場所をいつも探していた。



いつしかこのふてぶてしい表情をしている少女に自分の幼少時代を重ねてしまっているヤンキー娘。

同時に自分の過去の分身を見ているようなおかしな・・・・ 
いや はっきりと愛おしい感覚に襲われた。


アンタだったらまだ間に合うかな?

きっと間に合うよ。

嬉しいことがあれば喜び、悲しいときは涙を流せばいいんだよ。

無理に感情を隠す必要なんてないよ。
アンタが思ってるほど周りの人はアンタのこと嫌いじゃないはずだよ。







d071602.jpg
ぎゅっと抱きしめてあげる

ついでにチューもしてあげる


アンタがここまで生きてこれたのってアンタだけの力じゃないよ

アンタの笑顔で幸せになれる人、きっとたくさんいるよ。

だからそんな悲しい顔でいるのはもうやめようよ・・・・





fretta6.jpg
「ありがとう・・・」

やっとの事で口を開いたフレッタは一言だけか細い声でそう答えた。


つづく








マビノギ ランキング
いや、続かないw

ごめん意味不明? そして重いか? 重いよねw

最初はこんな話のつもりじゃなくってさ、すごいエッチなの考えてたんだけどさ、
なんかす~ごく重くなったからボツにしたんだけどね。(今回少し加筆修正済)

あ~ 別に特定の誰かに書いたわけじゃないよ~。

なんかさ~ 
マビの中でもいざこざがあったり、掲示板とかが荒れたり、
そんな話を聞くと、おんなじマビしててさ~ 悲しいじゃんね。


ちなみにあたしはヤンキーじゃないよw

でもさ、自分のこと、不幸だって思ってる人、そりゃあ人それぞれ色んな事あると思うけど、
ましてやこんなネトゲに熱中してる人って誰だって何かしらあるじゃんね~きっと。(失礼)

だけど誰からも愛されない人なんて絶対いないと思う。
そして愛してほしい人がいたら、まず自分がその人の事、愛してあげたらいいんじゃないかしら。






スポンサーサイト

アンティークレースヘッドドレスはかぶれない(涙) よみがえるフラットウッッズの恐怖

アップデートにまつわる妙な噂を耳にした。え~ それって嘘だよね? 嘘って言ってくれ~

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。